Onsen|温泉

日本三名泉に数えられる名湯草津の湯

鳥のさえずりを聞きながら、
自然の息吹を感じながら、
心も身体もデトックス


草津温泉町の近隣に位置しながら、その喧噪とは一線を画した静寂の立地。草津にありながら高原のリゾートのような上質のロケーションは、日常のストレスからあなたを優しく解き放つでしょう。

もちろん温泉は様々な効能が知られ、日本三名泉に数えられる名湯草津の湯。100%源泉かけ流しの温泉は、前面開放の半露天風呂。草津温泉では珍しい、広々とした開放感のある景色を持つお風呂です。樹々の彼方に浅間山を望む穏やかな景観がひろがります。こころとからだをデトックス&リフレッシュ。ウェルネスリゾートKurBioの自慢のお湯です。

 

Kurbio Onsen

浅間山が一望できる前面開放の半露天風呂

森林の彼方に浅間山が一望できる前面開放の半露天風呂、冬には雪景色を楽しめます(熱湯・寝湯・水風呂/男女各1)

内風呂(ジャグジー/男女各1)

内風呂(ジャグジー/男女各1)

フィンランド式サウナも人気

フィンランド式サウナも人気(男女各1)

清潔な更衣室

清潔な更衣室

Kusatsu Onsen

名湯草津の湯

「日本三大名湯」の一つ、草津温泉には七つの源泉(湯畑源泉、白旗源泉、西の川原源泉、地蔵源泉、煮川源泉、熱の湯源泉、万代鉱源泉)があり、ホテルクアビオでは「万代鉱源泉」を引湯しております。
泉質はナトリウム、カリウム、マグネシウム、鉄分を含む酸性低張性高温泉。源泉温度が87.2〜93.9℃と高温ですが、水で薄めるようなことは一切行いません。草津温泉独特の「湯もみ板」を使って、高温の湯を冷まし、まろやかにする習慣がありますが、ホテルクアビオでは温泉湯量の調整により浴中温度が42〜43℃になるように管理しています。100%源泉かけ流しの温泉で心身ともにおくつろぎください。

泉質・効能

泉 質/酸性低張性高温泉(100%源泉かけ流し)
効 能/ 高血圧症・動脈硬化症・慢性皮膚病・慢性婦人病・ 慢性消化器病・運動障害・冷え性・神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・打ち身・関節のこわばり・くじき・痔疾・病後回復期・健康増進等

一休.com「北関東総合2位」

ホテルクアビオは『お客様から評価の高いホテル・旅館一覧』で、毎年高評価を獲得しています。<北関東・総合評価2位> 客室・アメニティ部門:1位、接客・サービス部門:4位、バスルーム・お風呂温泉部門:1位、施設・設備部門:1位、お食事部門:9位、満足度部門:2位、口コミ評価:1位
出典:一休.com(https://www.ikyu.com/ap/info/UspW18021.aspx

温泉番付「東の横綱」

草津温泉は『みんなで選ぶ第9回温泉大賞』で9年連続「東の横綱」を獲得しています。
出典:BIGLOBE(http://travel.biglobe.ne.jp/onsen/award/

名湯草津の湯

プチ湯治のススメ

2500年前、医学の祖ヒポクラテスも健康維持には「運動と食事」と説き、 エーゲ海のコス島で温泉治療、温冷浴を行っていたといいます。日本も縄文時代に温泉を利用していた形跡があるそうです。
温泉には、さまざまな成分が含まれ、自律神経、ホルモン、免疫系を整え、本来のリズムを取り戻す(恒常性)作用があります。また、普段住んでいる場所から100キロ以上離れることで、転地作用も加わり、高地の温泉地は気分をアップする効果も。
バランス良く心身を癒してくれる環境がここにはあるのです。
温泉はもちろん、絶好の環境、そしてビタミン、ミネラルたっぷりのおいしいクアビオのマクロビオティック食と、居心地のいい部屋。これ以上の、五感が喜ぶ湯治は、望めないのでは?最低でも2泊して、自然治癒力を高めたいもの。日本の温泉療法施設は、ここまで進化しているのです。たっぷりその恩恵に浸りましょう。
古来より温泉で心身を癒して来た日本人。体調を崩しやすい季節の変わり目の少しまえなどに、プチ湯治をすると効果的です。

< メンバーシッププログラム >

草津の四季をお楽しみいただきながら、心身共にリセットしていただくための、メンバーシップによるご優待サービスをご用意致しました。ファスティングをされるお客様へは、定期的なファスティングで健康増進して頂くための特典もご用意しております。メンバーシッププログラムについては、詳細ページにてご確認ください。

Hotel KurBio:Membership Programのページ